保育士時代の体験談・過去のトラウマ

保育士時代の体験談・過去のトラウマ

ゴリラになった日

ワタシには忘れられない、いや、きっと生きている限り絶対に忘れることができない「面接」を受けたことがあります。 「面接」と聞けば、思い浮かべるのは短所と長所を聞かれたり、学生時代に取り組んできたことや、これからの目標などを聞かれたこともありま...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

5月の憂鬱を

ニュースを見ると「五月病」なんて言葉が躍り出て、その次に見る言葉は「うつ病」だったり、「精神異常」だったり。それらをまとめて「五月病」と報道される。 新社会人たちは初めて大人として社会に出て、不安の中で働くことと向き合ってきた1ヶ月ではない...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

最終選考に残り想うこと

かつてワタシの心は、修復不可能と言われるほどに壊れていました。 誰かの言葉に耳を傾ける気力も体力もありませんでした。 自分の無力さを呪い、無能さを恥じました。常に頭の中で浮かび続ける自分自身を攻撃する言葉だけが心をじわじわと切り裂いていたん...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

頑張りすぎないで

このエッセイを書こうとした時、ある言葉が脳内でリピートされていました。 「頑張りすぎないで」たったこの一文を、ひたすら頭の中で思い浮かべていたんです。 言ってくれた人たちはきっとワタシのことを想い、そして寄り添ってくれたからこその言葉だった...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

再就職は、前途多難なり

さて4月1日は、リクルートスーツを着て初めて社会に出た人、新しい学校に入学した人、学年が上がり新しいクラスでの生活がスタートした人など、新たな門出を迎えた人たちが多くいたと思います。 そしてこのオリナゴも、その1人です。 約2年のブランクを...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

保育士の勇気を・・・

最近あるニュースを見ました。 そのニュースは大々的に取り上げられて、連日放送されていたんです。 『保育士が集団退職!原因は会長のパワハラか』という見出しで、ニュースキャスターたちがこぞって問題について話をしていました。 以前保育士をしていた...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

「せんせい」と呼ばれて

ワタシが保育士を辞めて、もうすぐ2年が経とうとしています。 とても長く辛い環境の中にいたせいで、心身ともに疲れてしまったあの頃、仕事を辞めた罪悪感よりも、ようやく悪夢が終わることへの安心感の方が強く感じていました。 けれども「子どもたちに会...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

ワタシは一体、誰なんだ

ワタシは子どもながらにあることを思っていました。 「体の変化が怖い」と。 小学五年生の時の自然体験学習で初めてみんなでお風呂に入った時に、その感覚に襲われました。 大人びている同級生たちもいて、自分とは違った体の変化を目の当たりにした時に、...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

報道のあり方に、疑問を感じて

つい最近まで靭帯を怪我していたワタシは、整形外科に来ていました。 片方だけイヤフォンをさし、お気に入りのYouTubeを聴いていると、ふと病院の大きなテレビには衝撃的な内容が流れてきたのです。 それが潜在保育士に関してのニュースでした。 潜...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

胸が痛くなる環境で

つい最近、LINEニュースを開いてみると、またもや悲しい言葉が並んでいました。 それが保育士の「不適切保育」についてでした。 あまりにショックで、一度は内容も読まずにそっと携帯を裏返しにしてしまいました。 「どうしてこんなことばかりが、取り...