保育士時代の体験談・過去のトラウマ

それぞれのスタイルを愛して

私はある時から、ボーイッシュな格好ばかりするようになりました。男性のような見た目を好み、仕草や口癖さえ男性として振る舞うようになりつつありました。 小学校3年生の時に言われた一言がきっかけとなり、少しずつ心と体の違和感を強くしていったような...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

病気を乗り越えて

夫と出会った時の私は、人生で最も精神的にも肉体的にも限界を迎えていた時期でした。 仕事は全く上手くいっていませんでした。 恋愛も結婚を考えていた彼と別れて以降、マッチングアプリで出会った人たちと付き合いましたが、モラハラ気質な人や、男尊女卑...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

夢を追い続けていたいから

幼い頃からずっと持ち続けてきた夢、それが「保育士」でした。 集団生活の中で大切なことを教えてくれた先生は、とても優しく愛に溢れていました。先生の笑顔を見るだけで嬉しくなって、ついつい手紙や苦手な折り紙を持って、プレゼントとして渡していた気が...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

愛される意味を知った時

私は夫と出会うまで、愛される本当の意味を知りませんでした。 当たり前のように相手が求めることをやり、愛を与え続けていました。 自分の個性を捨て、「理想の彼女」になるための努力ばかりをしていましたし、それが正しいとも思っていました。 どこかで...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

好きなものはとことん愛せ

私は昔から、容姿にコンプレックスを持っていました。物心ついた時から、同級生たちと自分の姿を重ねて、悲観し、絶望し、惨めに感じていました。 元々肌が弱くアトピー性皮膚炎だったので、体は常に痒く傷だらけでした。至る所に掻き傷があって、赤く炎症を...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

1人も友だちがいなかった学生時代

いきなりですが、みなさんには心から信頼できる友だちはいますか? 私は小学生から高校生まで友だちと呼べる人は1人もいませんでした。 小学生の頃はずっといじめられていたので、友だちが何かも正直なところ分かっていませんでした。自分の中では話したい...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

やりがい搾取の環境で

私は友人と遊んだ帰り道、電車に揺られながらふと携帯を見ていました。すると、ある内容が私のスクロールする手を止めたのです。 そこに書かれていた内容は、「新卒の保育士が体調を崩して、疲労骨折の疑いがあると診断された」と書かれていました。他にも就...
オリエンタル納言日常日記

恋は盲目ほど盛り上がるけど…

恋は盲目なほど、楽しい...。 それはきっと、目の前にいる人に一生懸命で夢中になっているからだと今の私は、思っています。 実は私も、過去に散々な恋愛を経験して、ボロボロになるまでの失恋を何度も経験してきました。 好きで、好きで、好きでたまら...
オリエンタル納言日常日記

青春時代を取り戻すために

幼い頃、私には友だちと呼べる人は1人もいませんでした。 同級生たちがドラマや流行りの曲で盛り上がり、ガラケーにお気に入りの曲を設定していた時も、仲間に入ることができずに自分の席に座って、その様子を見ている事しかできませんでした。 そもそも趣...
保育士時代の体験談・過去のトラウマ

勇気をくれた子どもたち

「ぼくはね、じゆうになりたいんだ。いろんなところにいって、おともだちをたくさんつくるんだ。いつも、なごんせんせいいってたよね?『なりたいとおもったらなんにだってなれるんだ』って。だからぼくは、じゆうになるんだ!」 これは保育士をしていた頃の...